まっしろな日常にひとつの赤を

どこにでもあるような日常をコトバにして・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
愛猫のらんらん
私の家には「らんらん」という名前の雑種のにゃんこがいます。
まだ1歳7ヶ月の元気いっぱいの男の子です。
とっても美人なにゃんこで、ふわふわでいい香りがするにゃんこです。
去勢してあるせいか、とっても穏やかな性格で
甘えん坊さんです。

でもそんならんらんと私達家族はお別れをしました。
8月18日の夜、天国に行ってしまったのです。

病名は猫白血病ウイルス感染症。様子がおかしくて
病院に連れて行ったときにはもう肺に悪性腫瘍を併発していました。
”死を待つのみの病気”と知り愕然となり泣きじゃくったのを覚えています。
それから約1ヶ月の闘病生活が続きましたが
体はガリガリに痩せ、点滴さえも吸収できなくなっていました。

獣医さんにもう来週いっぱいもつかどうかでしょう・・・
と言われ治療をストップした次の日の夜でした。
その日、私は就職内定先の研修のため家を離れていました。
そしてその帰りには友人と夕食を食べに行き、さて帰ろうと思い
車に乗ったとき母かららんらんの死を知らせるメールが入ったのです。

看取ってやることができなくて今でも後悔しています。
家族もちょっと目を離した数分のうちにらんらんは天国に行ってしまい。誰もそばにいてあげることができなかったそうです。

目を開けたまま閉じない瞳を見て
苦しかったのだろうと思いました。
でもとても苦しい1ヶ月だったからやっと楽になれたのだろうと思います。
天国ではママやパパや兄弟たちと元気に遊んでいると信じています。

らんらんは1ヶ月の闘病生活の間、まったく家族に近寄らなくなりました。前はいつも母や私の後をついてくる甘えたさんだったのに。
たぶん、私達に心の準備や、らんらんがいない生活に慣れさせるための
らんらんの思いやりだったんだと、勝手に解釈しています。


らんらんは本当にいいにゃんこだった
今まで何十匹と猫を飼ってきたけれど
こんなに表情があって可愛い猫は初めてだった。
だかららんらんがいない生活には耐えられない。
でもらんらんの分もがんばっていかなくちゃいけないんだよね・・・

らんらん以上のにゃんこはもう現れないと思う
でもにゃんこのいない生活はとても寂しいから
いつかまたどこかのにゃんこにめぐり合えたら
可愛がってあげたいって思います。

今はらんらんの思い出とらんらんの弟分のサスケを
大切にしてがんばっていきたいと思います。

らんらん、
だんだん心の整理がついてきたよ。
もうみんなには会えましたか?
もう体は苦しくないですか?
いつでも帰ってきて良いからね?
夢にもちょくちょく出てきてね?
らんらんのこと一生忘れないからね!
虹の橋で待っててね!


ran

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
こんばんは。私も実家で雑種の犬を飼っていました。12年生きたんで大往生だったかもしれませんがあまり飼い主らしいこともできず私が実家を出て2ヶ月位で老衰で亡くなりました。見取ることもきちんとした治療も受けさせれなかった事を悔やんでいます。だからか今はコタロウをできる限り守ってあげようと思っています。
らんらんちゃんはきっとサスケママさん達の愛情を感じたまま幸せな気持ちで虹の橋へ行ったんだと思います。きっとまたいつか会える日がきますよ!
2005/08/21(日) 21:11:16 | URL | コタママ #xfH9rAAU[ 編集]
猫は死期がわかるようです
>らんらんは1ヶ月の闘病生活の間、まったく家族に近寄らなくなりました

私の実家も猫を飼っていました。
猫は死期が近づくと自ら姿を隠します。
きっとらんらんもそうだったんだろうと思います。

合掌
2005/08/21(日) 22:36:20 | URL | 殿おやじ #GGXEqXsg[ 編集]
■殿おやじさん
その話は聞いたことがあります。
弱ったところを見られたくないから姿を隠すとも。

確かにらんらんももう自力では歩けないほどに弱っても玄関に張り付いて外にでたがっていました。

2005/08/21(日) 23:39:01 | URL | サスケママ #POQ5NLzM[ 編集]
■コタママさん
見取ることができなかったのは本当につらいですよね・・・。
私もらんらんを助けてあげることができなかった分、サスケは絶対寿命を全うさせようと決めています。いつか虹の橋でまた会えると信じてます☆
2005/08/21(日) 23:42:15 | URL | サスケママ #POQ5NLzM[ 編集]
らんらんちゃん、たった1歳7ヶ月の命だったけど、
最後まで精一杯頑張ったんだね。。。
最後の闘病生活はどんなにか苦しくて辛い毎日だったか・・・
考えただけでも苦しいです。
だけど今はきっと、元気な姿に戻って虹の橋から
コタママさんたちを見守ってくれていると思います。
最後まで大事に可愛がってくれた家族のこと、
ずーっとずーっと、見守ってくれるはず。

実は私も今月の8日に長年飼っていた猫を亡くしたんです。
老衰だったんですけどね・・・。
良かったら見てやってください(^-^)↓
http://roccoblog.blog3.fc2.com/blog-entry-104.html

そのちょっと前にはヨーキーのウララも亡くしていて
http://loveyorkie.blog15.fc2.com/blog-entry-7.html
この夏は辛いこと続きだったんですけど、
今はモアナもいるし、他のワンコもニャンコもいるから、
虹の橋へ旅立って行った子たちの分も
大事にしてあげたいと思ってます。

そして、らんらんちゃんのご冥福をお祈りします。
2005/08/21(日) 23:49:31 | URL | ロッコ #amXlFcx2[ 編集]
ロッコさんへ

まず、チェリーちゃんとウララちゃんのご冥福をお祈りします。

ウララちゃんの死はとても辛かったですね。でもその死を乗り越えて今を大切に生きてゆきたいですね。
チェリーちゃんは寿命を全うすることができたんですね。らんらんにも寿命を全うして欲しかったです。
サスケがうちのコになってたった5日でらんらんは逝ってしまいました。
もう新しいコを飼ってるのか、なんてらんらんが思ってたら悪いことをしてしまったと思うのですが・・・
でもこれから何匹のわんちゃんやねこちゃんを飼っても一番はらんらんだよって毎日らんらんのお墓の前で言っています。

わたしもロッコさんもお互いに辛い死を乗り越えて前に進んでいきましょう!私もがんばります!
2005/08/22(月) 00:09:39 | URL | サスケママ #POQ5NLzM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。